2. 現地・環境 Site & others(204)


202448(月)

四月上旬の日勝峠越え 長沼から清水へ


四月上旬の日勝峠越え 長沼から清水へ

 ほぼ一月ぶりに国道274の日勝峠越えた(長沼~夕張~日高~十勝清水)。雪解けがどこまで進んでいるか心配ではあったが 快晴で気温はプラス2℃。これは日高側の頂上トンネル付近。残雪は十分なので春スキーヤーの車が駐車していた。
画像
 まずは長沼町。遠く東には夕張岳も見える。
画像
 夕張市。川も雪解けのためか増水傾向だ。
画像
 穂別ダム。遠望は夕張岳の山塊。
画像
 鵡川・福山のモトツトンネル。標高は500m位。
画像
 日高町を通り過ぎ 日勝峠に向かう。山には雪はあるものの「青い山」を感じる。気温はプラス5℃。
画像
 日高側7合目付近の白樺林は見事だ。
画像
 十勝側に越えて8合目付近。樹相はわからないが 残雪の中に林がきれいに浮かび上がる。
画像
 日高側の6合目。正面に然別山塊(右側)と東大雪山塊(左側)が良く見える。左側で平らに見えるのはウペペサンケ その左はニペソツだろう。
 4月上旬の日勝峠は 路面はほぼ乾いており 非常にきれいな残雪風景が楽しめる。全行程で気温がプラスなので 山々の雪解けは一気に進むだろう。



2024323(土)

三月中旬の十勝ヒュッテ近辺


三月中旬の十勝ヒュッテ近辺

 十勝ヒュッテ近辺の1~3月はそれなりに雪が積もった。札幌近郊に比べれば半分というところだが。峠越えで気を遣うのと屋外作業が全くできないのでヒュッテに来るのは月に1~2回になってしまった。それも一泊か二泊だ。積雪は平年並みのようだが 夜の冷え込みがきついので雪解けは遅い。とは言え ここまで来ればもう降らないだろうから 屋根の雪下ろしは一度もしないで済んでしまったことになる。
画像
 薪ストーブを一晩焚くと 翌朝はこれぐらいのツララが付く。このヒュッテの断熱は壁と床は万全だが 構造上から屋根は少し弱いので熱が逃げるようだ。
画像
 側道は農家が除雪したので路面はもう雪解けだ。キャタピラの跡は普通はブルだがここではトラクターによるものだ。
画像
 表通りに出ると南西に剣山が良く見える。
画像
 北東には芽室岳の出尾根だ。
画像
 下の牧場の向こうに十勝平野が望める。もう少し雲がないとこの方向に阿寒が見えるのだが。
画像
 東方向の然別山塊。
画像
 南方向には日高山脈が伸びる。手前は帯広岳 それから十勝幌尻岳だ。
画像
 これは十勝名物の防風林だ。十勝の青空が透けて見える。
 この分だと4月初めにはヒュッテの回りの雪も解けるだろう。楽しみだ。



2024319(火)

雪原の足跡(2) 歩幅がすごい


雪原の足跡(2) 歩幅がすごい

 この日の十勝ヒュッテは気持ちのいい朝で気温マイナス8℃。目覚めたときは日が昇って明るくなっていた。「さて今日はどうしようか」と思いながら外に出た。
画像
 いつものように雪原に足跡が付いていた。上に登っているのは何だろう。キツネかアライグマか。
画像
 よく見ると横方向にも何かの足跡が付いている。「あれずいぶん大きいし歩幅は1メートルを超えてるぞ」。
画像
 見づらいので場所を変えたら 左から右に行っているようだ。
画像
 林のほうに消えている。
画像
 デカいし爪痕のようなものも確認できる。
「こりゃまずいわ」ということでその日の宿泊をやめてさっさと帰宅することにした。
画像
 万一を考えてご近所のYさんに連絡したら 後で見に行ってみるよとのこと。一時間ほどしてから返信があり「あれシカだわ。この辺の畑にいっぱいあるよ」とのことで胸をなでおろした。
 時期的にこの辺りのクマはもう起きだしているそうで 昨年は上手の剣山神社の登山口で大きいクマの足跡があったそうな。今年も無事なことを祈る。



2024315(金)

夕方に十勝ヒュッテに到着 道路脇の除雪


夕方に十勝ヒュッテに到着 道路脇の除雪

 夕方5時に十勝ヒュッテに到着した。積雪は少なくなっていたが 除雪で道路脇に雪が小山になっていた。このままでは駐車ができない。
画像
 スコップ作業で車一台分のスペースを作った。15分ぐらいか。一見雪に埋まっているようだが 道路沿いの1m位だ。建物への通路は前回の除雪がほぼ残っていたので問題なかった。
画像
 デッキと階段は雪で覆われていたが 難なく通れた。
画像
 室外はマイナス3℃ 室内はプラス4℃だった。
 3月になってからは晴れた日もあったはずなので やはり気温が低いのだろう。雪解けにはしばらくかかりそうだ。



2024314(木)

夕刻の日勝峠越え 3月中旬


夕刻の日勝峠越え 3月中旬

 3/10に十勝~日高へ日勝峠を越えた。頂上トンネル十勝側。夕刻5時前後だったが問題なく越えた。気温マイナス7℃。
画像
 道道55号。日が長くなってきたのを実感する。
画像
 日勝峠十勝側6合目。路面も問題なし。
画像
 十勝側8合目。山陰の斜面の木々。ダケカンバだろうか。好きな風景だ。
画像
 頂上一つ手前のトンネル。
画像
 日高側へ越え9合目の熊見山の斜面。ダケカンバとエゾ松の林。
画像
 7合目。白いシラカバがきれいだ。
画像
 2合目を過ぎて発電の取水ダム。
画像
 日高町に入った。気温はマイナス1℃。
 日勝峠でも暗くなる前ならば問題なく越えられる。でも昼間に解けて夜に凍るのもこのシーズンなので 夜間は要注意ではある。



<<
>>




 ABOUT
Elmtree
 もともとアウトドア大好き人間ですが 時間の制約から残念な思いをしてきました。2019年春に友人の協力を得て 十勝清水にMountain Cabinを自作するプロジェクトを始めました。若者を巻き込んで いつでもバトンタッチできる体制を心がけています。また近くの「遊び小屋コニファー」は アウトドアの大先輩としてリスペクトしています。なお 街・探検・文化については別ブログにしました。Elmtree2をご覧ください。

性別
年齢60代以上
エリア清水町
属性個人
 カウンター
2019-05-16から
420,969hit
今日:364
昨日:378


戻る